RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミは?【現役エンジニアの感想】

プログラミング

エンジニアを目指しているのですが、独学で勉強して働けるスキルが身についているか心配です。実際の開発現場で通用するスキルが身について、就職のサポートもしてくれる評判の良いプログラミングスクールを知りたいです。

こんなお悩みにお答えします。

世の中のプログラミングスクールの多くは、

実業務に必要な技術が習得できていて、即戦力で働ける人材を養成するというよりかは、最低限の技術習得(プログラミング言語が読み書き出来る程度)が目的の内容になっている印象を受けます。

プログラミングスクールに通う人のほとんどが、「企業へ就職することが目的」だと思うので、それはそれで問題はないと思うのですが、実際に働きだすと、「現場で必要な技術力がついていないため苦労する人が多い」のが現実です。

一般的なプログラミングスクールのカリキュラム
  • 大体の期間が3ヶ月程度と短かい
  • プログラミング言語自体の学習が主体
  • 現場で必須となる ソースのバージョン管理手法やフレームワークの開発手法を学べない

しかし、実際の開発案件を視野に入れてスキルアップしたい方にとっては、一般的なプログラミングスクールのカリキュラムでは物足りないのではないでしょうか?

RUNTEQ(ランテック)は、実際のWeb系企業で実案件を想定したRuby on Railsのプログラミングスキルとエンジニアとしての必要なマインドセットを習得することができ、未経験からWeb系エンジニアを目指す方にはとてもおすすめのプログラミングスクールです。

スポンサーリンク

RUNTEQ(ランテック)とは?

RUNTEQ(ランテック)はWeb系企業が求める実務スキルが習得できる

Web系企業が求める実務スキルが習得できる

評判・口コミを見ていく前に、どういったスキルが習得できるのか概要を把握しておきましょう。

RUNTEQ(ランテック)は、Web系企業への就職に特化したプログラミングスクールです。

運営は、Ruby on Railsを使ったWebサービスの開発経験が豊富で、スタートアップの受託開発をメインでされている「株式会社スタートアップテクノロジー」です。

RUNTEQ(ランテック)は、フロントエンド(Vue.js)からバックエンド(Ruby on Rails)まで網羅的にカリキュラムが提供されていて、実際のWeb開発で必要となるGitを使ったプルリクエストベースの開発手法やgemやAjaxなどを使った実装力を身につけることができます。

途中で躓くことがあっても、現役エンジニア講師が徹底的にサポートしてくれるので、安心してカリキュラムを進めることができます。

RUNTEQ(ランテック)の特徴

RUNTEQ(ランテック)にはWeb系企業でエンジニアとして働くための全てがある

RUNTEQ(ランテック)は、以下のような特徴をもったプログラミングスクールです。

Web系エンジニアになるために必要なものが網羅されている
  • 現場のノウハウを詰め込んだ学習カリキュラム
  • 現場の開発手法を意識した学習フロー
  • 現役エンジニアがあなたの学習をサポート
  • Web系企業への就職をサポート

現場のノウハウを詰め込んだ学習カリキュラム

課題解決型のカリキュラムとなっているため、実際の開発現場でも自走できるスキルが身につきます。

また、単純な新規アプリの開発だけでなく、既存サービスのバグ修正や新機能追加を通して、現場で必須となるコードリーディングのスキルを身につけることができます。

さらに、Ruby on Railsの習得だけにとどまらず、実案件で使用頻度の高いgemの学習や、Vue.jsなど、実際の現場で利用するスキルを習得することができます。

現場の開発手法を意識した学習フロー

実業務と同じGitを利用したプルリクエストベースの開発フローを学べるので、実際の開発案件に入っても困ることがありません。

コードレビューは自動で行っているため、営業時間外や深夜にプルリクエストを作成してもレビュー待ちになることなく、好きな時間に効率的に学習を進めることができます。

現場の開発手法を意識したGitベースの学習フロー
  • STEP1
    プルリクエストを出す

    ローカルの開発環境で開発し、完了したらプルリクエストを作成します。

  • STEP2
    自動レビュー

    内容が最低限の課題要件を満たしているか自動コードレビューでチェックします。全てOKになるまで修正→プルリクエスト→レビューを繰り返します。

  • STEP3
    自己採点

    自分のコードと解答を比べて学習します。初学者にありがちな実装は確認ポイントとして解説されます。

現役エンジニアが学習をサポート

講師は全て、現役のエンジニアで、CTO経験者も在籍しています。

カリキュラムに関することや、カリキュラム外の技術的な質問にも回答してくれます。

月2回、オンライン面談を実施していて、キャリアやプログラミング学習方法など現役のエンジニアに質問して現状の悩みを解決することができます。

Web系企業への就職をサポート

運営がスタートアップ企業の受託開発事業を中心に展開しているため、Web系企業への就職に強いです。

さらに、講師は現役エンジニアなので、業界の知識が豊富で転職支援の質が高いです。

就職支援は、キャリアアドバイザーによるキャリアの棚卸しや、現役エンジニアによるポートフォリオの企画・設計レビュー、現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接など手厚く整備されています。

なお、企業選考カリキュラムという技術試験に合格した場合には、Web系の提携先企業を紹介してもらえるのも魅力のひとつです。

RUNTEQ(ランテック)のプログラミングコース

RUNTEQ(ランテック)のコース

続いてコース内容を見ていきましょう。

  • Web教養コース
  • Vue.jsコース
  • Railsエンジニアコース
  • Railsマスターコース
  • Webマスターコース

Web教養コース

プログラミング初心者の方、Webサービスの仕組みを教養として身につけたい方、

キャリアアップをしたい方におすすめのコースです。

習得できるスキル
  • HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、JavaScriptなどWebエンジニアとして習得すべき言語の基本的な文法理解
  • Railsの基本的なCRUDを作れる
  • ログインやフォローなどの複雑な機能を作れる
  • 本番環境へのデプロイなどの実践的なスキル

学習想定時間:200時間
受講期間:最大3ヶ月
価格:150,000円(税別)

利用できるサポート可否
講師への質問
面談
オンラインイベントへの参加
就職サポート-

Web教養コースについてもっと知りたい方はこちら

Vue.jsコース

サーバーサイドだけでなく、モダンなフロントエンドのスキルを身につけて

キャリアアップしたい方におすすめのコースです。

習得できるスキル
  • Vue.jsを使用したフロントエンド開発のイロハ
  • サーバとの繋ぎ込みやJWTを利用した認証などの実践的なスキル

学習想定時間:200時間
受講期間:最大2ヶ月
価格:100,000円(税別)

利用できるサポート可否
講師への質問
面談
オンラインイベントへの参加
就職サポート-

Vue.jsコースについてもっと知りたい方はこちら

Railsエンジニアコース

Ruby on Railsを使用した自社サービス開発系の企業にWebエンジニアとして

就職したい方におすすめのコースです。

習得できるスキル
  • 開発環境構築、Gitを使った開発手法から現場で使用されるgemやAjaxなどを使える
  • バグ修正や機能追加をとおしてコードリーディングのスキルを身につけ自走できるスキル
  • Vue.jsを使ったフロントエンド開発のイロハとサーバとの繋ぎ込みや認証などの実践的なスキル

学習想定時間:600時間
受講期間:最大6ヶ月
価格:298,000円(税別)

利用できるサポート可否
講師への質問
面談
オンラインイベントへの参加
就職サポート

Railsエンジニアコースについてもっと知りたい方はこちら

Railsマスターコース

RailsチュートリアルとRailsエンジニアコースがお得に学べるおすすめコースです。

習得できるスキル
  • RailsのCRUDを作ったりログインやフォローなど複雑な実装をして、本番環境へのデプロイができる
  • 開発環境構築、Gitを使った開発手法から現場で使用されるgemやAjaxなどを使える
  • バグ修正や機能追加ができる
  • コードリーディングのスキル
  • Vue.jsを使ったフロントエンド開発とサーバとの繋ぎ込みや認証などの実践的なスキル

学習想定時間:700時間
受講期間:最大8ヶ月
価格:348,000円(税別)

利用できるサポート可否
講師への質問
面談
オンラインイベントへの参加
就職サポート

Railsマスターコースについてもっと知りたい方はこちら

Webマスターコース

プログラミング完全初心者から自社サービス開発系の企業に

Webエンジニアとして就職したい方におすすめのコースです。

習得できるスキル
  • HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、JavaScriptなどWebエンジニアとして習得すべき言語の基本的な文法理解
  • RailsのCRUDを作ったりログインやフォローなど複雑な実装をして、本番環境へのデプロイができる
  • 開発環境構築、Gitを使った開発手法から現場で使用されるgemやAjaxなどを使える
  • バグ修正や機能追加ができる
  • コードリーディングのスキル
  • Vue.jsを使ったフロントエンド開発とサーバとの繋ぎ込みや認証などの実践的なスキル

学習想定時間:800時間
受講期間:最大9ヶ月
価格:398,000円(税別)

利用できるサポート可否
講師への質問
面談
オンラインイベントへの参加
就職サポート

Webマスターコースについてもっと知りたい方はこちら

受講期間は比較的長めに設定されていますが、全てのコースの内容を一貫して学べる「Webマスターコース」でも、料金は 398,000円(税別)です。

エンジニアとして働き出せば、1、2ヶ月で回収できる金額感です。

これからエンジニアとして生きていくと考えると、安い自己投資だと思います。

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミを見ていきましょう!

残念ながら?あまり悪い評判は見つけることはできませんでした。

口コミの結果、RUNTEQ(ランテック)は、とても評判の良いプログラミングスクールということがわかりました。

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ:まとめ

RUNTEQ(ランテック)は本気でエンジニアになりたい人に向いている

RUNTEQ(ランテック)は、「本気でエンジニアになりたい」、「実案件で使える技術を身に付けたい」という方に、特におすすめしたいプログラミングスクールです。

RUNTEQ(ランテック)はこんな人におすすめ
  • 本気でWeb系エンジニアを目指す人
  • Web系企業で必要となるスキルだけを効率よく習得したい人

本気でWeb系エンジニアになりたい方は、無料のオンライン説明会へ参加してみてください。

自分の夢は自分でしか叶えられません。

行動すれば、きっと未来は変わるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました